園だよりから

2021年11月の園便りから

すっかり秋ですね。
朝、お子さん達とも「今日、寒いね」なんて言葉が聞かれるようになりました。
季節の変わりめ。より体調には気をつけなくてはと感じている今日この頃です。

先月はプレイデーへご参加下さり、ありがとうございました。
お子さん達が力一杯に取り組む姿は感動や驚き、成長といった心を動かされる場面ばかりでした。
お子さん達お一人お一人の姿、とても素敵でしたね。
またバザーも開催でき、忙しくも楽しみが増えた日々でした。
親子ですごすひと時、やっぱりいいですね。
ご尽力下さった係の方、ありがとうございました。

さて園はあっという間に園まつりへと雰囲気が変わっています。
何か作っていると、「何作っているの?」「僕もやる!」「私もやる!」と
興味を持ったお子さん達が次々にやってきてくれます。
お子さん達から生み出される物は全て、面白くて、柔軟で、創造性があふれているものばかり。
新聞紙を赤い紙で巻いて、たくさん作ると唐あげに変身します!
お子さん達とすごしていると、大人の私が抱く物のイメージがいかに固定されたものなのかを思い知らされます。
お子さん達と一緒に同じ時間、同じ空間の中で、心をゆさぶられ、考えたり、アイディアを形にしていく、
このひと時ひと時が大人にとっても子どもにとっても今後へとつながっていくのを感じます。
もちろん遊びに夢中なお子さんもいますし、変わっていく雰囲気に戸惑っているお子さんもいるかもしれませんが、
きっとこの雰囲気を見て、感じていると思います。

きっと園まつりは特別な日ではあるけれど、しょうわ幼稚園での日々の延長線上にある1日でもありますね。
子どもの、大人のアイディアでいっぱいの園まつり。
当日ぜひ親子で楽しんで下さいね!

»