お知らせ

自己評価の結果を公表いたします

2022/04/12

川崎頌和幼稚園では、教育法と学校教育法施行規則により、自己評価を行い公表いたします。

本園の特徴
わたしたちの幼稚園はキリスト教の教えを根本にしています。
「神は愛である」と聖書に記されていますが、
その愛をもってひとりひとりの子どもを受け入れ、大切にし、共に歩んでいきたいと願っています。
子どもが自分を大切にし、それと同じように友だちやまわりの人を大切にできる、
そのような人に育ってほしいと願っています。
また、少人数の行き届いた保育をしています。
本園の教育方針
 子どもたちがのびのびと遊び、まわりの人々に豊かに愛されて育つこと。
それぞれの個性が認められ、大切にされること。
子どもの時代は子どもらしく過ごすこと。

2021年度 
1.教師の自己点検表結果
評価項目
自己評価
取組状況

〇教育目標と保育計画の理解

どの職員も、園の教育目標、キリスト教保育に前向きに取り組み、理解している。

〇保育の在り方、幼児への対応

健康と安全への配慮をし、幼児一人ひとりのありのままの姿を受け入れ、理解している。

〇保育者としての資質、能力、適性

保育の専門家として、その知識や技術を身につけ、組織の一員としての立場を理解している。
〇保護者への対応

子ども、保育、家庭の在り方について、共通理解を得られるよう努めている。
 守秘義務を遵守し、良識を持って関わっている。

〇地域や自然との関わり

地域の人々や状況に関心を持ち、小学校との連携を大切にしている。

〇研修と研究

保育技術を高めるために、学ぶ姿勢を持っている。

〇総合的な評価結果

自己点検表により自己評価し、各自の課題を再認識し取り組む姿勢が見られる。

2.今後取り組むべき課題
子どもが自発的に活動したり、遊べる環境がより確保出来るようにする。
日々の幼児の姿の振り返りを、教師間で行うことをさらに大切にする。

3.学校関係者評価については2022年度から取り組んでいく予定です。

4.財務状況
外部公認会計士によって会計帳簿が整理され、教会内の幼稚園理事会による、監査体制もあり、財務の実態を正しく把握している。

当園では2021年度の幼稚園評価として、自己評価を行いました。教育活動については、おおむね、良い評価を頂きましたが、保育内容が伝わりきれていない項目もありました。この結果を受け止め、更なる教育活動の充実、資質向上に努めたいと思います。