" 川崎頌和幼稚園|園だよりから

園だよりから

2020年3月



いよいよ3月。今年度も最後の時を迎えました。
一年、すぎてみると、あっという間ですね。最後というと、さみしい気持ちにもなります。
そんな中、ここ数週間では“突然”なこともありました。
“突然”を経験すると、当たり前と思っていた何気ない日常がいかに幸せなのか、
一日一日を大切にすごすことをもう一度考えさせられるようです。

さて今年度をふり返ってみると皆さんにとってはどんな一年だったでしょうか?
園ですごすお子さん達を見ながら、4月当初を思い出すと、一人ひとりのお子さんの成長を感じています。
お子さん達の遊んでいる表情はゆるやかに柔和に豊かになった気がします。
面白いことを上手にみつけて、考えて遊ぶことをじっくり、何度も楽しんだり。
何より仲間とすごす姿がたくさんみられるようになったこと。
相手の名前を呼んで、一緒に笑って、隣ですごして・・
そんな風に人と人と関わりすごすことで遊びや生活がより豊かさをました気がしています。
そこにはきっと幼稚園で自分を丸出しですごしても大丈夫な安心を感じたからではないかと思います。
大人の私は、そんなお子さん達からたくさんの事を学ぶばかりです。
きっとこの幼稚園での出会いや一日一日が、この先につながっている、そう信じています。
「また会える!」今からその時を楽しみにしています。

一年間、様々なご協力を頂き本当にありがとうございました。
今日、ここまでこれたことを心より感謝いたします。




教職員採用について

SNS

  • Facabook
  • twitter

グーグルインドアビュー

携帯サイト

お便り

リンク