" 川崎頌和幼稚園|園だよりから

園だよりから

2020年7月



6月にようやく新年度がスタートしてから、1ヶ月が過ぎました。
感染予防対策として分散登園、バスの運休、午前保育等のご理解とご協力を心から感謝申し上げます。
大切なお子さん達をお迎えする為に今は園で様々な取り組みをしています。
1日に数回の消毒作業、お子さん達の手洗い、うがいの徹底。
また、お弁当も「静かに食べようね。おしゃべりしないゲームだよ~!」と伝えたり・・・。
帰りの集まりの内容もソーシャルディスタンスを基本的に考えて、
その中からアイデアを出して楽しい集まりをしています。
職員は子ども達とのスキンシップも出来る限り控えています。
コロナ前は朝、子ども達が登園してくると、私は必ずハグをしていました。いっぱい抱っこもしていました。
でも今は、少し距離を取ることが目の前にいる大切なお子さんを守ることになる。
そう考えた時、私自身は新たな方向を見ることが出来ました。
~したい・・・という思いは私自身の思いであって、もっと本質的な所を見つめることを再確認しています。
お子さん達はお家でいっぱいハグをしてもらっているでしょう。
園で十分なハグができなくても心の繋がりが出来れば、きっと園生活は楽しく安心なものになると思います。
そういう意味では、コロナ前より私達保育者は
もっとお子さんとの関係を深めていく努力が求められていると感じています。
お子さんの気持ちをそのまま受け止めて、寄り添い余計なアドバイスはしない。
どんな状況でもその子の味方であること。園に行ったら、あの人がいるから安心。
大丈夫というベースがあってお子さん達は自らの力で行動決定し、
自己決定して遊びの世界へと入っていけるのだと思います。
園に子ども達が戻って来て、幼稚園も息を吹き返しました。やはり、ここは子どもの場所。
子どもの時間を大人は大切に壊さずに後方支援で見守っていきたいです。
そして、子どもからの要求、SOSには即応える。助ける。守ることは大事です。


お子さん達は、とてもよく遊んでいます。
大人を求めるお子さんがいる時は、その子が「もう、いいよ」と思える時まで一緒にいたいです。
幼児期は思い通りにいかない経験も大切。そして何よりも友だちと遊んで「楽しい」と思える気持ちが大事です。
子どもは子どもの中で育つ・・・。子どもの世界を生きて欲しいです。
子ども達の姿は、コロナの恐怖を退けるものがあります。
その中にいて、私も幸せな平和な楽しい気持ちになれます。
静かにお弁当を食べる中にも、笑いをこらえていたり、楽しそうにニタニタしている表情はとても、かわいいです。
お家の方の手作りの優しいお弁当をじっくり味わって食べる姿も良いです。
幼稚園は、安心、安全の前提の上に保育は成り立つものと思います。
これからも引き続き、お子さんの命をお預かりして、お守りする者として、
お家の方々が安心して送り出して下さいます様に、2学期も取り組んでいきたいと思います。

あっという間に、1学期が終りますが頌和に大切なお子さんを送り出して下さりありがとうございました。
コロナ禍にあって短い1学期でしたがステキなかわいいお子さんお一人お一人との出会い。
そして楽しい日々を心から感謝しています。
夏休みの日々も皆様のご健康と楽しい夏休みを神様にお祈りします。




教職員採用について

SNS

  • Facabook
  • twitter

グーグルインドアビュー

携帯サイト

お便り

リンク