" 川崎頌和幼稚園|園だよりから

園だよりから

2020年9月



まだまだ暑い日が続いていますね。
昼間の日差しは痛いくらいですが、夜に鳴く虫の声をきいていると、
一歩一歩季節が進んでいるのを感じます。

暑くてもマスクが必需品となった今年の夏。
私にとっても生まれて初めてひと夏を川崎ですごす夏となりました。
みなさんはどんな夏をおすごしでしたでしょうか?
お子さん達が持ってきてくれた夏休み帳や夏休みの話を見たり、
聞かせて頂きながら、この夏休み、ご家庭で楽しいことをみつけてすごされたのを感じます。

さて先日、嬉しそうに新しいマスクを見せてくれたお子さんがいました。
話を聞くとお母さんに作ってもらったとのこと。
何だか日常の小さな出来事に感じた愛情。しかし送り迎えの場面でも、本当に何気ない一つ一つのやりとりやその光景に
お子さんを思う親御さんの愛情を感じることが多くあります。
特にお弁当。
親御さんの思いのつまったお弁当を毎日たべれることは、給食育ちの私には少しうらやましくもあります。
自分のことを考えて作ってくれたお弁当を食べているお子さん達の表情は幸せそうに見えると共に、
お弁当につめられたお子さんへの思いや愛情も伝わり、心の栄養になっていると思っています。

夏休み明け、お子さん達がぐんと心も体も大きくなったことに驚かされます。
1学期、夏休みの時間がそれを育む大切な時だったのだと思います。
2学期も一日一日を大切にすごしたいと思います。




教職員採用について

SNS

  • Facabook
  • twitter

グーグルインドアビュー

携帯サイト

お便り

リンク