" 川崎頌和幼稚園|園だよりから

園だよりから

2019年6月



6月になり、いきなり夏が来た様に感じます。
この暑さでGW前に植えたトマト、ナス、ピーマンが急成長しています!
先日こひつじさんではピーマンが収穫出来ました。新鮮なピーマンを手にしていた〇〇ちゃん。
それを見たこひつじのお子さんたちは“自分のトマトはもう赤くなったかな?”“ナスはもう出来てる?”
首を長くして収穫の時を待っています。
お庭のジューンベリーも沢山実をつけて、小さな甘い実をお子さんたちと一緒に美味しく頂きました^_^

今月のおもいは「ケンカもいいね」です。
皆様はケンカと聞いて、どう思われるかな?と同時に私自身は幼少期、これでもか・・・と言うほど
ケンカを繰り返してきた様に感じます(笑)
私は保育園出身で通っていた園ではクラスの在籍人数は約25人中女の子は私を含め5人。
5人中4人は3人兄弟の末っ子でした。口喧嘩、取っ組合いは日常茶飯事。
家に帰れば4つ上の兄、3つ上の姉との格闘の日々!
母は特別、早い段階でケンカを止める事は一切せず、私が泣き崩れたタイミングで
〝なにがイヤだった?”と聞いてくれていました。
幼な心でもっと早くケンカを仲裁して、私の味方になってよ!と思う日もありましたが、
そのような事はせず、仲直りも強要せず大人が善悪を決めず、子どものタイミングに任せてくれていました。
喧嘩を通して人の痛み、悲しみ、怒りなどを感じ、思い通りにいく日もあれば、残念の日も・・・。
悪いな・・・と感じ謝り仲直りできた時の幸福感。
思い返すとその経験は、とても大切だったと感じています。

喧嘩が起こる時には必ず相手が居ます。
何かしらの関り、繋がりがあり、自分の意志があり、
想いが合わなかった時、納得できない時に初めて喧嘩が始まるのです。
一人では絶対に起きる事はありません。人は人の中で育っていく。成長の証しですね!!!

お子さんたちのこの大きな一歩を、そっと見守り寄り添っていきたいと思います。
今月もよろしくお願い致します。




教職員採用について

SNS

  • Facabook
  • twitter

グーグルインドアビュー

携帯サイト

お便り

リンク